景気悪い方向7割

内閣府が28日に発表した「社会意識に関する世論調査」結果によると、日本の現状で「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)について「景気」と答えた人が68・6%で最も多く、2位は「雇用・労働条件」の57・5%だった。
いずれも調査項目に入った平成10年以降で最高となり、米金融危機に伴う景気後退が国民生活に不安を与えていることが浮き彫りとなった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-00000518-san-pol


正直7割は少ないなというのが感想です。
大都市圏はまだ大丈夫だとしても、
地方は衰退しまくっていますからね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。