盲目の猫救う“命のリレー”つながる

東京都江戸川区で、衰弱して車道をふらついていた1匹の老猫が保護された。
両目を失明していたが、住民らは動物病院の手配や引き取り手探しに奔走。
殺処分を免れる“命のリレー”がつながり、千葉県の女性宅で余生を送ることになった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000335-yom-soci


久しぶりに良い話ですね。
失明しているそうですが、
新しい飼い主の方にかわいがってもらってください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。