年金記録1742万件が未解明

基礎年金番号に未統合の「宙に浮いた年金記録」約5000万件のうち、昨年12月時点でも、全体の3分の1にあたる約1742万件が未解明のまま残っていることが28日、社会保険庁の調べで分かった。
記録確認を促す「ねんきん特別便」の発送が始まった平成19年12月時点に比べ、未解明は約703万件減ったが、手掛かりのつかめていない記録がそのうちの7割、1209万件もあり、今後の特定作業は困難を極めそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090301-00000511-san-pol


まだ1700万件超確認できていないそうです。
確か前政権が言うには、
とっくに解決されている時期ですよね。
公約違反です。
タグ:年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。