女性失明事件の加害者に「目には目を」の刑執行へ

イランの裁判所で、女性の顔に酸をかけて失明させたとして有罪となった加害者が、イスラム法の「目には目を、歯には歯を」の原則に従い、同じ方法で失明させる刑罰を受けることが確定した。
女性の弁護士によれば、数週間以内に執行される見通しだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000003-cnn-int


イスラム法に則ったんですね。
残虐な刑罰の気もしますが、
もし自分が被害者だったらと考えると
同じ刑罰を望むかも知れませんね。
タグ:イラン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。