<両院協>「調整弁」機能不全

08年度第2次補正予算案を巡り、2日間にわたって開かれた両院協議会は、立法府の意思決定が遅れるねじれ国会の機能不全ぶりを改めてあぶり出した。
衆参両院の議決が異なる場合の「調整弁」として期待される両院協の現状は、与野党双方が委員を出し、対立の構図をそのまま持ち込む「ミニ国会」にすぎない。
結果的に野党側の審議引き延ばし戦略の舞台となり、今後の運用に大きな課題を残した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000135-mai-pol


国民そっちのけ感が甚だしい。
いい加減にしてもらいたい。
きちんと国会運営をしてください。
タグ:両院協議会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。