夫が遺した宝くじが9億円当せん

米東部コネチカット州で、心臓発作で死亡した79歳の男性が生前に買っていた宝くじが1000万ドル(約9億3000万円)の高額当せんだったことが分かった。
地元紙などの報道によると、男性は昨年11月1日、コンビニエンスストアで2枚の宝くじを購入。その後、男性は心臓発作で死亡したが、妻(78)が宝くじの番号を確認したところ1000万ドルが当せんしていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000560-san-int


嘘のような話ですね。
78歳で9億円は使い切れないですよね。
まあ、子ども達への遺産になるのでしょうが。
遺産争いが起こりそうな予感がします。
タグ:宝くじ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。