武蔵限界説浮上

Dynamite(31日、さいたまスーパーアリーナ、観衆=2万5634=超満員)03、04年K−1世界GP準優勝者の武蔵に限界説が浮上する。6キロも軽い08年DREAMミドル級王者ゲガール・ムサシ(オランダ)の強烈なパンチで2度のダウン。反撃もできないままロープを背負った状態で連打を浴び、1Rで3度のダウンを喫してKO負け。これで、08年6月から白星なしの3連敗。引退の危機にさらされる36歳は「初歩的なミスをするなんて、長年やってきた自分の技術が全然ダメ。情けない」と厳しい表情。「武蔵」の“本家”を倒したムサシは「来年はDREAMを見にきてください。総合格闘技の強さを見せた」と胸を張った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090101-00000033-sanspo-fight
1Rで3度ダウンですか。
私も見ていましたが、確かに限界説も否定できないかも。
体力的に限界が近づいていると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。