2008年の検索語ランキング

年の瀬も押し詰まり、1年を振り返るレビュー企画のラッシュが始まった。
米国Googleも12月10日、2008年に世界中で人気の高かった検索語をリスト化した「Zeitgeist」を発表した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081211-00000003-cwj-inet


世界の検索結果はペイリン氏だったようです。
日本では圧倒的にオバマ氏の方が多かったと思いますが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。